2017年10月05日

A&K M60用リコイルウエイトの組み方


今回はA&K M60のリコイルウエイトの組み方を紹介します。
今回箱出しドノーマルに組んでいますがインナーバレルはM120相当のスプリングを使っている為130mmにカットしてあります。

まずはウエイトを入れるためにフレームの内側にビスが飛び出ている場合は削って平にします。
Mk43は飛び出ていない物もあります。


次にスプリングガイドの土台ですが下の画像の様に頭を3cmカットします。


スプリングガイドの回転止めは削ってしまいます。


スプリングガイドをロッドに取り付け
この際、必ずロックタイトを塗ってください。


出来たらメカボにセットします。


+配線はメカボの中を通します。
ウエイトに挟まれて断線します。


〇部分はカットしてしまった方がスムーズに動きます。


リポ7.4v

リポ11.1v


5,000発ほど空撃ちしてメカボを開けてみました。

今回メカボ洗浄すらしていない箱出しに組んだ訳ですが耐久性を考えると
スチール15枚歯ピストンSHS100:200ヘリカルギヤが推奨です。

ヤフオクに出品中です。  


Posted by      at 17:02Comments(0)